パンフレットデザインはわかりやすく、読みやすく

パンフレットデザインはわかりやすく、読みやすく

パンフレットデザインは読みやすく、わかりやすいことが大事

会社案内のパンフレットはその内容がそのまま企業の姿勢や評価として読む人に印象づけることになりますので、最大限分かりやすく、信頼されやすいものに作成をしておかなければなりません。会社の強みや知ってほしいことを組み込んでいくことは大切ですが、その見せ方としてのデザインに工夫を凝らすとよりいっそう効果的になります。

 

まず、パンフレットに掲載したい情報をすべてピックアップしていきましょう。作成しながら思いついたものを入れていこうとすると、枠が足りなかったり、ページ数が追いつかなかったりして、最初のデザインからガラリと変わってしまう恐れがあります。すべての素材を集めてから組み立てていくことを心がけましょう。

 

情報をピックアップしたら、次に優先順位をつけていきます。そのランキングさえはっきりすれば、どの情報を大きな文字で使うか、フォントやグラフなどの使用方法が見えてきます。良くない例として陥りがちなのが、打ち出したいものをそのまま大きく掲載してしまうことです。たとえそれが会社の実績であり、最もアピールしたい情報であっても読者の方がいったい何を表しているものなのか、理解ができなければ意味がありません。順番にページをめくっていくときに、数字の流れや案内事項が物語を読むように組み立てられていれば、最後の数字やPR文が効果的になります。いきなりメインのものを打ち出すことだけは避けましょう。

 

ここまで準備ができたら、いよいよデザインという段階ですが、もうひとつやっておかなければならないことがあります。それは、パンフレットの目的と用途の把握です。たとえば、会社を知ってもらうための広告のような意味合いで作成するのか、実際に仕事を受注してもらうための案内なのかを明確にしておく必要があります。1冊のパンフレットでデザインするのであれば、ページをはっきりと分けて、色分けをしておくと分かりやすいでしょう。

 

読者目線のパンフレットを作成すれば、仕事をお願いしたい会社として認められるに違いありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ